banner

ヤエン釣り特有のリアドラグリールの選び方

 ヤエン釣りをしたことがない頃、リアドラグのリールを見て『何なんだこのリールは!?』とものすごく疑問に思っていました。後にドラグがついている意味が分からなかったのですね。でも、今はばっちり分かってます。

 アオリイカの急な動きに対して、急いでドラグフリーにするためにはフロントドラグのリールでは操作がしにくいためアオリイカに逃げられたりするのです。ドラグの調節次第で釣果が大きく変わるといっても良いほどドラグの動きはヤエン釣りには大切なのです。(※おすすめのリアドラグリール一覧はこちら)

リアドラグリールの選び方

 リアドラグリールに限らず、大型のターゲットと戦うなら、ドラグ性能は重要視するべきです。金額ベースでいうなれば、2万円台のリール以上のものであれば間違いないと個人的には思います。それ以下のものはダメかというとそうではありませんが、やや劣る部分があるのは否めません。

当サイトではシマノのリールかダイワのリアドラグリールをおすすめしていますが、シマノ製であれば、2000~3000番台のもの、ダイワ製であれば2000~2500番台のものがちょうど良いサイズとなります。

おすすめのヤエン釣り専用リール

アオリスタCI4(※左画像&以下スペックは2000番)
リール自体の自重が240g軽く、ドラグもスムーズなので、
扱いやすく、ドラグフリーの際のアタリが取りやすい。
1巻きで73cmを巻き取ることができます。
バトルゲーム(※左画像&以下スペックは3050)
リール自体の自重が335gとやや重いが、しっかりした設計。
オート、マニュアルを使い分けられる点も良い。
1巻きで80cmを巻き取ることができます。
やや扱いにくいが2000番はレバーブレーキタイプがある。
Copyright(c) おすすめヤエン竿 All Rights Reserved.