banner

ヤエン釣りに代用可能な磯竿の2つの条件

ヤエン釣りを始めるにあたって、専用竿を購入できる方は専用竿の購入をオススメします。(※こちらのページで竿一覧を紹介しています。)

しかし、いきなり専用竿を買わず、持っている磯竿でやってみてから考える方もいると思います。ですので、このページではヤエン竿に必要な性能を紹介してみたいと思います。その条件を満たす竿をお持ちでしたら、その竿でとりあえず試してみると良いと思います。

ヤエン釣りに代用できる磯竿の性能について

1.磯竿の1.5~2.0号程度のもの
 大型のアオリイカと戦うことを考えると2号以上の竿が欲しいところなのですが、そうなると感度が落ちてしまい、アジの泳ぎを把握することが難しくなります。感度を考えると1.5号くらいのものが一番バランスが良いと言われています。また、無駄に号数を上げると竿自体も重くなり取り回しが悪くなり釣りがしにくくなるというデメリットもあります。

2.長さは4.5~5.4メートルは必要
 足場のよい防波堤の場、4メートル程度の長さでも問題はないかもしれませんが、ヤエンを滑らせるためにはやはり竿の長さを利用して角度を付けたいところです。4.5~5.4メートルくらいの長さがあるほうが有利です。

 この2つの条件さえ満たしていれば、とりあえずヤエン釣りをすることはできます。もしも、条件に見合う竿がないのであれば、専用竿を購入することをオススメします。ただ、やはり専用竿と比較するとてんで役に立たないレベルだと思います。ヤエン釣りをやってみてもっとやってみたいと感じたならば、専用竿を買うべきタイミングだと思います。

Copyright(c) おすすめヤエン竿 All Rights Reserved.