banner

ヤエン釣り必須アイテム アジ活かし

 ヤエン釣りではアジの活きの良さが勝敗を分けるというのは事実です。よって、アジ活かしのアイテムはできるだけ信頼できるものを用意したいところです。では、信頼できるアジ活かしとはどんなものなのでしょうか?少し解説してみたいと思います。

アジ活かしを選ぶための基礎知識

アジを新鮮なまま活かせておくには1匹のアジに対して1Lの海水が必要と言われています。が、その容量に見合う入れ物があれば良いというわけではありません。もう一つ必要な条件があります。それは、深さよりも広さや表面積が多い入れ物の方が良いということです。そして、1回の釣行でアジを10~30匹は持っていくと思います。

これら条件を満たすものとなるとかなりの重量になるので、持ちやすいものを購入することをおすすめします。

おすすめのアジ活かし

アジバケツ 36cm(エアーポンプは別売)
このサイズで海水が24L入ります。
計算では24匹入りますが、15~20匹までが良いでしょう。
水漏れもしませんし、しっかり直立もします。
私はこれを愛用していますよ。
アジスカリ(ロープは別売)
アジスカリがあれば、ロープを取り付けて、
海中にアジを丸々突っ込んでおくことができます。
アジ活かしの海水を交換したり、エアーポンプを付けっぱなしにしたりする必要がなくなります。
イカシバッカン
全体的に背が低く、平べったい作りです。
20~30匹くらい入れても、ストレスなく泳げる丸型。
値段も比較的安価なので、結構オススメです。
使っている友人を見ていると、安定して置けてる模様。
Copyright(c) おすすめヤエン竿 All Rights Reserved.